2016年夏、日韓クルーズにて地球大学体験プログラムを実施しました

プロジェクト:地球大学 寄港地エリア:アジア クルーズ: 第9回 日韓クルーズ
2016年夏、日韓クルーズにて地球大学体験プログラムを実施しました韓国人参加者と一緒に異文化理解ワークショップを行った。
2016年夏、日韓共催で開催しアジアを巡る9日間「PEACE & GREEN BOAT 2016」(7月29日〜8月6日)では、大学生を対象に地球大学体験プログラムを実施しました。
地球一周の船旅で行う、「地球大学」の体験版には、13名が受講し、韓国人学生との交流や、各寄港地で訪れた場所での歴史や、また現代につながる社会問題について、学びを深めました。

異文化とは、体験して考える

2016年夏、日韓クルーズにて地球大学体験プログラムを実施しました韓国人参加者と一緒に行った異文化理解ワークショップにて、自己紹介を行う様子
アジアを巡る船旅である「PEACE & GREEN BOAT 2016」は、博多から出発し、韓国・釜山、中国・上海、沖縄、長崎を巡りました。寄港地では、終戦を迎えた8月の訪問ということで、沖縄や長崎では戦争の歴史を重点的に学びました。そこでは、被害の歴史はもちろんのこと、戦時下や原爆投下後に行われた、朝鮮人への加害の歴史に関しても掘り下げて知ることができ、皆で話し合いました。

洋上では、乗客の半数が韓国人という環境が非常に大きな助けになり、国際交流はもちろん、寄港地などで学んだ歴史や、その認識について、現在につながる社会問題に対してどう考え、動くべきか日本、韓国という枠組みを超えてと考える機会を得ることができました。

その中でも、ハイライトとなったイベントは、「異文化理解ワークショップ」でした。地球大学生と韓国人学生が参加して、自己紹介から始まり、日本でも韓国でもない、架空の国を作りそこで交流するとうワークショップでの異文化体験を通して、自分たちが普段感じている国籍や文化といった”壁”について共有しました。

ほかにも、様々な水先案内人(洋上講師)による講座や、ディスカッションが行われました。社会学者の宮台真司さんは、太平洋戦争と、現在のヘイトスピーチや基地問題など、過去と現在の問題のつながりについて解説しました。また、「若者が希望を持てる社会」「民主主義」といったテーマで行われた座談会では、精神科医の香山リカさん・NPO D×P代表 今井紀明さんやSEALDsの奥田愛基さんらが韓国で社会活動をする若者と熱弁を繰り広げました。盛りだくさんの洋上講座と寄港地ツアーで学びより広げました。

国境のない船という空間だからこそ実現できる学びと交流の9日間。クルーズで新たに生まれた関心を共有したり、理想の未来を想像し、そのために自分たちに何ができるのかを考えたゼミ生たち。今回生まれた繋がりが、平和な未来を作る上での架け橋となることを実感するプログラムとなりました。

参加者からの声

2016年夏、日韓クルーズにて地球大学体験プログラムを実施しました最後のゼミ地球大学発表会にて、地球大学受講生全員で
初めて1人で船旅に参加してみて不安なことだらけだったけど、地球大学のみんなとすぐに打ち解けられて、みんなの考えていることや現在学んでいること、これからのことなどを共有することができて、新しい刺激を受けたし、自分の幅も広がったと思う。
寄港地に訪れてみて、感じたことは一人一人違うということや、インプットとアウトプットの大切さを知った。たった9日間だけど濃い9日間で地球大学に参加して本当によかった!!将来的にフルクルーズにもショートクルーズにも参加したいと思っています!
(神奈川県より参加、21歳)

特別な空間・・・

今回地球大学に参加して、同世代のみならず、異なる世代、異なる国の方と交流して様々な意見交換を行うことができました。中でも韓国の方と合同で行ったワークショップでは、言葉や文化が異なる場合に意図せず生まれてしまう誤解や軋轢を身をもって体感することができました。これは洋上という特別な空間にある地球大学ならではの"学び"だなと感じました。(東京都より参加、19歳)

勇気を出して

たったの9日でこんなにも大人数の人と仲良くなれると思いませんでした。
船から下りてまだ少ししか経ってないけれど、あの船に戻りたいです。地大の授業では、人前で意見を発表するの苦手な自分を、仲間がフォローしてくれたりアドバイスしてくれたから、勇気を出して発言することが出来るようになりました。フルクルーズで地球大学を取って、もっとアクティブな自分になれるように頑張ります!(神奈川県より参加、21歳)

あっという間の9日間

会話しなきゃ損!沢山話しかけてなんぼ!
20歳以上なら、お酒飲んでもっと深い話をしたり、言葉が通じない海外の方でも音楽とダンスと笑顔と…共通することは沢山あるので言語の壁にぶつかってもそれも楽しんで過ごせて幸せでした!
特に、地大ならではの日韓交流での企画では名前を覚えるどころか、すれ違えば異文化交流ワークショップで作った新しい国の言語で挨拶したり、一緒に寄港地で過ごしたり…あっという間に仲良くなれて本当に楽しかったです!!(北海道より参加、20歳)


今後の地球大学開講の最新情報は、インフォメーションのプロジェクト「地球大学」よりお知らせいたします。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS