第93回ピースボートは、夢の南極航路をゆく南半球クルーズ

第93回ピースボートは、夢の南極航路をゆく南半球クルーズ
2016年12月に日本を出航する第93回ピースボートは、一般的な海外旅行では訪れることの少ない南回りクルーズ。アフリカ大陸の「喜望峰」や南米の「マゼラン海峡」といった船旅の歴史に欠かせない場所を通ります。
最大のみどころは、世界最果ての地である南極です。青く光る氷の広がる海に、野生生物が息づく雄大な大自然に触れることができます。一方、南極は温暖化などによって大きな影響を受けている場所でもあります。世界各地の貴重な自然に触れるこの旅で、改めて地球環境の豊かさとその危機について想いをめぐらせてみましょう。

船旅では他にも、野生動物の宝庫と呼ばれるマダガスカル、アパルトヘイト政策を克服した南アフリカ、貧困に立ち向かう人々の生きるラテンアメリカ、豊かな先住民文化が息づくイースター島やタヒチなど、魅力的な寄港地がいっぱい。地球の歴史と人々の息吹に触れ合う104日間の船旅です。

インフォメーション

ピースボートの船旅
VOYAGES
米国の大学生にピースボートに乗ってもらうよう薦めています
コーラ・ワイズ
米国 / 国際平和ビューロー(IPB)国連代表 / ハ...
もっと見る
コーラ・ワイズ