6/22 アール・ブリュットって何?~「芸術」と「福祉」の交差点~

受付は終了しました
6/22 アール・ブリュットって何?~「芸術」と「福祉」の交差点~
「アール・ブリュット(Art Brut)」は、美術の専門教育を受けていない人々が独自の方法と発想により制作された芸術作品を指します。「生(き)のままの芸術」とも呼ばれています。作家は多種多様で、知的または精神などの障害のある方も多く含まれています。作品を生み出した作家への尊敬の気持ちは、障害の理解につながると同時に、アール・ブリュットの持つ表現の可能性や豊かさは、新たな芸術分野として国内外で注目を集めています。今回は、6月25日から都庁で開催される「アール・ブリュット美術展」に先がけ、福祉分野でアートディレクターとして活躍する小林瑞恵さんをお招きし、その魅力について伺います。

イベント概要

イベントタイトル 6/22 アール・ブリュットって何?~「芸術」と「福祉」の交差点~
日時 2016年6月22日 19:00〜20:00(開場18:45)
場所 ピースボートセンターとうきょう
東京都 新宿区高田馬場3-13-1-B1
[地図を見る]
アクセス JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分
予約方法 予約ボタンまたはお電話にて
03-3363-7561(10:00~19:00)
講師 小林瑞恵さん(社会福祉法人愛成会 常務理事・アートディレクター、特定非営利活動法人 はれたりくもったり アートディレクター)
参加費 500円
参考 icon 社会福祉法人 愛成会
受付は終了しました
イベント
EVENT