佐世保、石木ダム問題への取り組みが長崎新聞に取り上げられました

佐世保、石木ダム問題への取り組みが長崎新聞に取り上げられました自然豊かな川原(こうばる)地区、ダム建設予定地
春のショートクルーズでは、4月3日に長崎、佐世保に寄港しました。その際、北部にある石木ダム建設予定地の、川原(こうばる)地区を訪れました。
佐世保、石木ダム問題への取り組みが長崎新聞に取り上げられました
「ホタルの里」として知られる豊かな自然が残る石木ダム建設予定地の、川原地区。そこにダムの建設計画が持ち上がってから半世紀が経ちました。事業主である長崎県と佐世保市は、水不足と洪水対策としての建設の必要性を主張しています。一方、住民側は 20年以上起きていない断水を根拠に水不足の心配はないと言います。また、自然とコミュニティーを壊してまで作る必要性に疑問を感じ反対運動を行っています。

ピースボートが石木ダムの話を聞いたのは、パタゴニア日本支社長の辻井隆行さんからでした。
そこで、ピースボート春のショートクルーズで佐世保に寄港するにあたり、辻井さんを水先案内人に迎え、現地の方の協力をいただき一緒に川原地区へ行くツアーを行いました。

現在、ダム建設は、土地や家屋の強制収用の段階にきています(すでに収用されたところもあります)。治水や利水面から考えても、50年以上前に計画されたダム建設が、今も本当に必要なのか、ツアー参加者たちは考えるきっかけになったと思います。


その様子を長崎新聞では、以下の様に掲載されました。

●「NGOが石木ダム予定地見学」(長崎新聞 2016年4月4日)

(前略)ピースボートの船の乗客36人が3日、東彼川棚町の石木ダム建設予定地を訪ね、住民と意見を交わした。
(中略)石木ダム問題を初めて知った人が多く、埼玉県川口市のアルバイト、エヴァンズ・亜莉沙さん(21)は「計画の根拠が明確でなければ住民は納得できない。両者でもっと話し合いが必要なのでは」と話した。東京でラジオDJとして活動するロバート・ハリスさん(67)は「あまり知られていないが多くの人が関心を持つべき問題。ラジオを通して発信していきたい」と語った。

以下は石木ダム建設に反対する住民グループのホームページです。
建設の問題点や懸念点が説明されています。

インフォメーション

ピースボートの船旅
VOYAGES
素晴らしい教育自己開発
羽後静子
中部大学教授/中部ESD拠点推進会議コーディネー...
もっと見る
羽後静子