北欧をめぐり自然エネルギーを考える第91回ピースボート地球一周の船旅が出航しました

北欧をめぐり自然エネルギーを考える第91回ピースボート地球一周の船旅が出航しました青空の下、元気いっぱい出航のご挨拶をしました。
4月12日午後1時に、横浜大桟橋ターミナルから第91回ピースボート地球一周の船旅が出航いたしました。春の北欧をめぐり24の寄港地を訪れる、106日間の船旅の始まりです。
北欧をめぐり自然エネルギーを考える第91回ピースボート地球一周の船旅が出航しました地球一周に出発する船と見送る人々の間にはカラフルな紙テープが風になびきます。
世界で起きていることを直に体験し、現場の声を聞けることは、ピースボートの旅の魅力の一つです。今回の旅は、春の穏やかな気候の中、北欧とフィヨルドをめぐります。

北欧区間では、日本よりも進む再生可能エネルギーが効率的に普及されている様子を学びます。資源があるないに関わらず、その土地に合うエネルギーモデルは、人と自然が共存した一歩進んだものでしょう。日本でも十分実現可能な実例をゲストを迎え紹介してもらいます。

また、イスラム国や大量の難民など世界を揺るがす国際問題についても、中東やヨーロッパなどを訪れながら考えていきます。

そして、南米ベネズエラからは、「エル・システマ」の若手音楽家が57名が横浜まで乗船します。ベネズエラのエル・システマというプログラムでは、貧困家庭であっても、全ての子どもたちがオーケストラシンフォニーやコーラスの音楽教育を無料で受けられます。教育面や職業面、倫理面で生かされ、音楽による人間形成の現場を一緒に体験することができます。船内では、オーケストラのコンサートなど様々な音楽イベントが予定されております。彼らは日本に到着後も、コンサートを予定しております。現在、ホームステイ先を募集していますので、ページ最後の募集記事をご覧下さい。

船は、2016年7月26日に横浜港、27日に神戸港に帰航します。今後は、船上からのリポートもWEB上に掲載していきます。どうぞお楽しみにしてください。

<出航の様子は以下のメディアで掲載されました>
神奈川新聞  「地球一周へ ピースボート」 2016年4月13日(水) 

クルーズレポート

インフォメーション

ピースボートの船旅
VOYAGES
フレーフレーピースボート!
武者小路公秀
元国連大学副学長/反差別国際運動(IMADR)副理事長
もっと見る
武者小路公秀