4/1 太平洋の島々から福島へ ~核被害者と語ろう~

プロジェクト:脱原発 クルーズ: 第90回 地球一周の船旅
受付は終了しました
4/1 太平洋の島々から福島へ ~核被害者と語ろう~右から マーシャル諸島、福島、タヒチ
マーシャル諸島、タヒチの核実験被害者や若手が福島市にあつまります。マーシャル諸島には、過去の核実験の影響による放射能から避難し、今でも影響を受ける人々がいます。タヒチには、核実験の被害の責任を認めさせるために活動している人々がいます。原発事故により影響を受けた福島と同じ、「放射能」と「避難」という共通点。実際に彼らを迎えて福島の皆さんと語る場を作ります。

イベント概要

イベントタイトル 4/1 太平洋の島々から福島へ ~核被害者と語ろう~
日時 2016年4月1日 17:00~19:00(開場16:45)
場所 チャンネルスクエア内 カフェスペース
福島県 福島市南矢野目字夜梨4-1
アクセス 【バスでお越しの方】福島駅東口→8番(福島北警察署経由五月乙女団地行き)→原田東下車5分
【電車でお越しの方】福島駅東口→阿武隈急行(槻木・富野方面)→卸町駅下車徒歩20分
【お車でお越しの方】東北自動車道「福島飯坂I.C」より市街地方面へ5分
会場詳細 icon会場サイト
予約方法 予約ボタンまたはお電話にて
03-3363-7561(10:00~19:00)
講師 【参加者】
■佐藤健太さん(NPO法人 ふくしま新文化創造委員会代表理事、負げねど飯舘!! 常任理事)
■ミシェル・アラキノ (タヒチ、元核実験労働者、モルロアと私たち(Moruroa e tatou) )
■デズモンド・デューラトラム さん (マーシャル諸島、『マーシャル群島における放射能の影響を人類に伝達する運動(REACH-MI)』)
■ブルック・タカラさん(マーシャル諸島、Elimoñdik)  
■高橋恵子さん(福島大学大学院生)
■島明美さん(伊達市在住 主婦)
参加費 無料 ※飲み物かお食事を一品ご注文ください
注意事項 日英通訳つき(逐次)
参考 icon イベントの背景 「太平洋ピースフォーラム」
受付は終了しました

インフォメーション

イベント
EVENT