辺野古アクションに琉球新報も期待(記者会見が報道されました)

プロジェクト:OKINAWA
辺野古アクションに琉球新報も期待(記者会見が報道されました)キャンプシュワブのフェンス 奥に見えるのは辺野古基地建設予定地
2月21日(日)に予定されている、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する「2・21首都圏アクション国会大包囲」実行委員は、9日に記者会見を開きました。

実行委員のメンバー団体であるピースボートの野平晋作は、「戦争法(安保関連法)廃止の運動と連動することによって辺野古の運動も裾野が広がる。沖縄の基地建設を止めることで(兵力などの)実動を止める意味合いもあり、双方にとって意義のある連携だ」と延べました。

21日前後で、東京だけではなく日本全国で辺野古埋め立てに反対するアクションが行われ、沖縄と本土が一緒に声を上げます。

以上の内容が琉球新報で報道されました。

◆琉球新報 「21日、辺野古移設断念へ国会包囲 安保法制反対と連動」 2016年2月9日

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS