千葉県八千代市でおりづるプロジェクトの報告会をしました

関連キーワード:
紛争
千葉県八千代市でおりづるプロジェクトの報告会をしました左からユースの橋本昭博さん、八千代市原爆被爆者の会会長・中村紘さん、第8回参加の小谷孝子さん、八千代市の秋葉就一市長、ピースボートの渡辺里香
2015年11月14日、ピースボートは千葉県八千代市との共催で「ヒバクシャ地球一周 証言の航海 帰国報告会 ~八千代から世界へ 世界から八千代へ つながる平和の願い~」を開催しました。
千葉県八千代市でおりづるプロジェクトの報告会をしました萱田中学の学生が平和への取り組みを発表
これは、第87回ピースボート地球一周の船旅にて行われた第8回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の報告を、同航海に参加した八千代市在住の小谷孝子さんらが行うという会でした。

八千代市では、平和教育や学生への被爆証言などが日頃から積極的に行われています。今回は八千代市の秋葉就一市長の熱意と市の国際推進室の全面的な協力のおかげで、開催が実現しました。

報告会では、おりづるプロジェクトの紹介と今回の地球一周の証言の成果を紹介し、記録ドキュメンタリー映像「I Was Her Age/過去と今の対話」も上映しました。

同市の被爆者で第8回プロジェクト参加者の小谷孝子さんの証言を聞いたことで「世界に平和の思いを届けたい」との思い、同市の中学生が500枚のメッセージカードを小谷さんに託しました。このような、学生の平和への取り組みを紹介し、メッセージが19カ国25都市の人々に届いたことを報告しました。

最後に、第8回にユース非核特使として参加した俳優の橋本昭博さんの演出で、中学生が被爆体験を聞いて感じた思いを朗読劇にし、被爆の経験を聞き、受け止め、語り継ぐ決意をあらたにしました。

詳しくはこちらから

ピースボートおりづるプロジェクトのブログをご覧ください。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS