辺野古新基地への反対アクションが報道されました

プロジェクト:OKINAWA
辺野古新基地への反対アクションが報道されました東京・日比谷野外音楽堂にて
11月29日(日)、ピースボートが参加する「止めよう!辺野古埋め立て 国会包囲実行委員会」が「11・29日辺野古に基地を造らせない大集会」を東京・日比谷野外音楽堂で開催し、約4500人が参加しました。集会の様子は新聞各紙で大きく報道されました。
集会ではピースボートの野平晋作が「安保法制廃止と辺野古新基地断念に向けた闘いが、この国の立憲主義、民主主義、平和主義を守ることにつながる。結論ありきで沖縄に新基地建設を押し付ける政府を許してはいけない」と発言し、こうしたコメントが以下の各紙記事に紹介されています。

・2015年11月30日 沖縄タイムス 「辺野古ノー首都響く」
・2015年11月30日 琉球新報 「東京で新基地ノー」

また、12月2日に福岡高裁那覇支部で行われた辺野古裁判陳述に関する記事の中では、同じく野平晋作の「沖縄県民が進んで土地を提供したことはない。それなのに辺野古移設の代替案を示せ、というのは理不尽だ」というコメントが掲載されています。

・2015年12月3日 朝日新聞 「沖縄の思い 国民に問う」

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS